CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
twitter
ネットで買うなら
ボディーワークの勉強になります
スポンサードリンク
MOBILE
qrcode
<< フォアの打ち込みが打てないとストレスが。。。 | main | 両手打ちの安定感アップ >>
伸びるスピンショットの軌道とは
PR~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「必勝コアスイング」
ショットの一つ一つを深く掘り下げ
「苦手ショットを得意ショットに!!」
http://www.tennis-rise.com/haishin/koa.html


「伸びる、止まる、上げる、逃げるボールを同じテイクバックから
   自在に操り相手を縦横無尽に走らせるスライスショットのポイント」
http://www.tennis-rise.com/splesson/kojisr2.html


ついに解禁!試合に勝つためのステップを
完全解説!最重要なショットも盛り込んでます
「TYPテニス優勝プログラム」
http://www.tennis-yprogram.com/



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こんにちは、テニスを毎日
必死で上達のことを考えている
テニスライズの河合です

先日お話した
トップスピンをかける時のポイントを
もう一つ教えますね

それは

「ボールの軌道をイメージする」

ということです

はっ?

と思わないでください

みなさんはいつもストロークをされるときに
どこを目標にショットを打ってますか?

スクールなどでよくあるのは
練ってほしい場所にターゲットコーンなどを置いて
そこに狙って打ってもらうことが多いです

でもそれでは直線的に打ったほうが狙いやすいので
だんだんみんなフラットに近くなってしまいスピンをかけて
狙わなくなってしまうのです

なので私が良くやる練習法はネットの前に脚立をセットして
その上にコーンを置いてそこにめがけてボールを打ってもらいます

大体ネットから1m上を目標に狙ってもらいます

さらに言えばそこからまだ上にボールが上がって
相手のサービスラインで落ち始める威力のボールを
打つことが目標となります

そのボールだと相手のベースラインに落ちて
真上に跳ねるのではなく、後ろに向かって跳ねる
質の高いスピンショットとなるのです

相手にしてみればただ上に跳ねるボールは
準備が早くできていれば上からボールをたたくことが
できるのでちょっとでも浅いと攻められてしまいますが

サービスラインから落ちるボールだとバウンドから離れて
待っていないと差し込まれてしまうので、上から打つとしても
ベースラインの後ろから打つことになり相手が強く打つことが
できなくなるのです

そんなボールを是非あなたにも打ってもらいたいのです


是非そんなボールが打てるように
意識の改革をしてみませんか?


では
| 上達法 | 19:17 | - | - | pookmark |