CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
twitter
ネットで買うなら
ボディーワークの勉強になります
スポンサードリンク
MOBILE
qrcode
<< テニス 上達 アドバイス「ショットのパワーを出すために必要なワーク」 | main | テニスの試合で波に乗るためには○○続けること… >>
テニス 上達 アドバイス「ショットの安定感を出すために必要なワーク」
==============================================
私が運営しているテニススクールの
フェースブックページが出来ました! 

是非 「いいね!」 してくださいね
facebook から 「テニススタジオ川口」を検索してください
そこで 「いいね!」を押してくれるとうれしいです!!!」
「テニス スタジオ 川口」HP
「河合個人のfacebook」
「河合のtwitter 」
テニスライズのHP

==============================================


こんにちは!

テニス上達をしてもらうには

どう伝えるのがベストか!?ということを

毎日16時間考えている

cozy河合です


今回は今度のオンコートのレッスンとなる

「ラケットワーク」について

ちょっとお話させてもらいますね


ラケットワークをイメージしてみてください

ショットを打つ時にテイクバックでラケットをどのように引いてきて

振出しからインパクトを迎え、フォロースルーまで行くかという

ラケットの動き



結論から言うと

「ラケットの動きは法則がある」

ということです

その法則は

1.ラケットワークの動きは体の前で行う

2.各ショットで動きが決まっている


ということです


1.の ラケットの動きは体の前で行う

ですが

ショットのスピードは速いけどコントロールに安定感がなかったり

フレームショットの頻度が多い人は、大体が

「テイクバックを引きすぎ」



ていることがあります

実はテイクバックの法則ですが

ボレーは体の正面にラケットを置いて体を捻るだけの理想的な

テイクバックをする型が多いですが

ストローク(特にフォア)になると、強いボールを打とうとするあまり

体の後ろまでラケットを引いてしまうと

インパクトまでの動きが大きくて、当たったら強く返球できますが

ミスヒットが多くなって安定しない方法です



是非一度試してもらいたいのは

フォアハンドで右腕の肘を左手で押さえたまま

スイングする練習をしてみてください

こうすることで、右の腕が体の後ろに引けなくなり

インパクトでは楽にヒットできるようになります

最初のうちは物足りなさがあるかと思いますが

慣れてくると、ミスヒットも減って

ボールを飛ばすために体を使うようになるため

ボールの威力もあまり変わらなくなってきます


1か月もすれば慣れてきて

体との連鎖が良くなってパワーとコントロールが

増してくると思います


お試しあれ〜〜






そんな私が行っている
レッスン教材がこちら


テニスライズオンコートレッスン

「伸びる、止まる、上げる、逃げるボールを同じテイクバックから

   自在に操り相手を縦横無尽に走らせるスライスショットのポイント」





では





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

試合での考え方や準備法
取り組み方をまとめました

全日本ランカーで東京代表
朝日レディースや県大会出場者を育てた
スクール校長の珠玉のテニス勝利法!
大会を勝ち上がるには何が必要なのか、
何をポイントにして試合に挑め打結果が出るのか!?などなど
様々なポイントとなるであろう項目をまとめて
ステップとして皆さんに実践していただける
プログラムを作成することが出来ました!!


そのプログラムはコチラ

「TYP(テニス優勝最短プログラム)」

前回サービス&リターンに特化したオンコートレッスンの
DVD化が完成しました!
サービス&リターンに悩んでいる方はこちら


ネットですぐに見られるコアを意識したノウハウをさらに大公開しました
「必勝コアスイング」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
| 上達法 | 15:04 | - | - | pookmark |