CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
twitter
ネットで買うなら
ボディーワークの勉強になります
スポンサードリンク
MOBILE
qrcode
<< メンタルとショット精度の関係 | main | テニス上達アドバイス 「ライジングショットのポイント」 >>
テニス上達アドバイス 「遠いフォアボレーのステップ」

私が開校,活動している 埼玉 川口 のテニススクールはこちら
テニススタジオ川口 略して「テニスタ 川口」

その「テニスタ 川口」フェースブックページが出来ました!

FBをやっている方は是非「いいね!」と1押しお願いします
テニススタジオ川口


テニススクール 校長の私が今まで教えてきて成果のある方法を教えます
テニス上達の最速方法
「コアスイングテニス最短上達プログラム」





こんにちはいつもテニス上達のことを

毎日16時間考えているcozy河合です




さて、今回は

「遠いフォアボレーのステップ」


についてお話したいなと思います

バックボレーは遠くまで届くのにフォアになると
届かないことが多くて

ボレーに伸びが無い。。。

それを解消しようと、手で強く打ちにいってミスしたり

という方は多くいるかと思います

ボレー自体に苦手意識があってボールをコントロール出来ない

というかたも多いかと思いますが

私が良く見ていて

「もったいないな〜 あのステップが出来れば

        守備範囲も伸びて、ボールも伸びるのに!」



というかたを多く見かけます


そのステップとは!?



でもその前に

このブログは現在何位!?ポチっと確認してしてください

にほんブログ村 テニスブログへ






実はフットワークの起点となるスプリットステップには意識を持って

取り組んでいる方でも、フォアボレーになるとその後の一歩目が

「右足を一度引いてその右足で飛び出そうとする」 

癖のある方が多くいるのです

実は私もその一人でしたが。。。

フォアボレーの場合

スプリットステップをしてその後に左足に一度荷重してから

右足を外に出していくのですが

その左足の蹴りだしが弱いと言うか

蹴れないので、右足を一度自分のほうに寄せて

右足で飛び出そうとするのです



そうすると、まず半歩内側に寄せて来てそこから


一歩飛ぼうとしているから、一歩分リーチが狭くなります

絶対的に意識して一歩目が素直に右足を出せるように

左足に荷重するように訓練してみてください

見違える程の効果が表れること間違いありません



ポイントは、


必ず左足に荷重してから

右足の一歩目を出す



このシンプルな意識から始めてみてくださいね



では








==============================================================
ツイッター  フェースブック 始めました!!

お気軽にフォローしてくださいね!


twitter http://twitter.com/@tennis_cozy
facebook http://www.facebook.com/tenniscozy
site :    http://www.tennis-rise.com 


==============================================================







みなさんの1ポチが明日の更新モチベーションになりますので
ぽちぽちお願いします

にほんブログ村 テニスブログへ








テニススクール 校長の私が今まで教えてきて成果のある方法を教えます
テニス上達の最速方法
「コアスイングテニス最短上達プログラム」




テニス上達 のコツまとめました










10c3



| 上達法 | 19:30 | - | - | pookmark |