CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
twitter
ネットで買うなら
ボディーワークの勉強になります
スポンサードリンク
MOBILE
qrcode
<< ネットプレーヤーに対する対処法 | main | シングルスストロークにおけるクロスとストレートの狙い >>
バックハンドスライスの活用
cozyです

昨日まだ台風の風が有明に吹きすさぶ中
行ってきました! 

「楽天オープン」

お目当ては今期で引退すると公言していて
今回初来日の 「ファブリス サントロ」 です

ヒューイット との対戦でしたが
ファーストは上手く相手を翻弄してヒューイットからファーストセットアップ!

セカンドもシーソーでしたが
先にリードされてしまってセカンドセットを落とすと
ヒューイットもファイナルは慣れてきてしっかりとボールをコントロールしながら
ストロークの威力で押して、ボレーでしっかり決めるテニスでファイナルはあっさり6−1でしたが

かなり見応えのある試合でした



そこで今日はサントロがよく使うスライスを題材にします

サントロはフォアでスライスをよく使ってますが

皆さんはバックのほうが使用頻度が多いかと思います


バックハンドでスライスをメインに使うポイントですが

スイング軌道は

スライス回転を多く掛けようとしすぎるとえぐるようなスイング軌道になってしまいます

また真っ直ぐ振るというより

横S字にスイングしていくように打つと当たりの厚さを調整しやすくなります

(わかりにくいかも知れませんが。。。)


ポイントは、

1.手首のコックをボレーと一緒で固定する
2.スイング軌道をS字にスイングする
3.S字の曲がり方で回転量を調整して、スピードと長さをコントロールする

S字が縦に長ければドロップ等の短いショットになりますし
横長にすることでより厚い当たりで伸びるボールが打てるようになってきます





是非伸びるスライスショットにチャレンジしてみてください

では



みなさんの1ポチが明日の更新モチベーションになりますので
ぽちぽちお願いします

にほんブログ村 テニスブログへ







テニススクール 校長の私が今まで教えてきて成果のある方法を教えます
テニス上達の最速方法
「コアスイングテニス最短上達プログラム」




テニス上達 のコツまとめました


私が開校,活動している 埼玉 川口 のテニススクールはこちら
テニススタジオ川口 略して「テニスタ 川口」

その「テニスタ 川口」フェースブックページが出来ました!

FBをやっている方は是非「いいね!」と1押しお願いします

facebook.com
検索「テニススタジオ川口」


テニススクール 校長の私が今まで教えてきて成果のある方法を教えます
テニス上達の最速方法
「コアスイングテニス最短上達プログラム」






| - | 15:48 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
こんにちは、hibikunです。結構古い記事を読ませていただきました。
おかげさまで後ろからのドロップショットが決まる決まる^^
自分でも冷や汗が出て、なんだか相手に申し訳なくなりました。なんかラケット投げてたし^^;
まあシングルスで活用したいのでこれからもやるけど(を
そして分かりにくいかもしれないけどと言っていた横S字ですが、あれはどちらかというとCと言ったほうが分かりやすいと思います。あれです、視力検査であるあのCの字が回転して、上に向かって開いてる感じです。
Cの字の彫りが深くなって、普通のCの字として見たときに、横に引き伸ばされているほどドロップショットになり、彫りが浅くなって縦に引き伸ばされているほどフラット調の滑るスライスになる、要するにこういうことですよね?
表現の仕方の参考になれば幸いです。
| hibikun | 2010/12/26 7:14 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://coach-revo.jugem.jp/trackback/248
トラックバック