CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
twitter
ネットで買うなら
ボディーワークの勉強になります
スポンサードリンク
MOBILE
qrcode
ジョコビッチとナダルの死闘を見るのに2日間掛かりました
私が開校,活動している 埼玉 川口 のテニススクールはこちら
テニススタジオ川口 略して「テニスタ 川口」

その「テニスタ 川口」フェースブックページが出来ました!

FBをやっている方は是非「いいね!」と1押しお願いします
テニススタジオ川口


テニススクール 校長の私が今まで教えてきて成果のある方法を教えます
テニス上達の最速方法
「コアスイングテニス最短上達プログラム」




こんにちはいつもテニス上達のことを

毎日16時間考えているcozy河合です

オーストラリアンオープン男子決勝見ましたか!?

私の予想ではジョコビッチが結構あっさりと勝つのでは!?

と思っていたのですが、あんな激しい戦いになるとは思いもしませんでした

日曜は仕事で最初から見られなかったので帰って来てから

見始めたのですが、セカンドセットを見終わった時点で1時を過ぎてしまい

昨日やっと前部見終わりました!!

ナダルの驚異的な粘り&試合中に進化したと思われる

ライジングのバックストレートが印象的でした


これからのテニスはあのライジングのテンポで振り切ることが

プロレベルでは必要な条件になると思います

ナダルも以前よりベースラインの近くでプレーするようになってきています

皆さんも、あそこまでのショットは難しいと思いますが

ライジングショットを練習すると、よりテニスの幅が広くなってくると思いますので

ぜひチャレンジしてみてください!!


練習方法の一つとして最初は

「ハーフボレー」から練習するといいと思います


ハーフボレーの感覚が出来るようになれば

少しずつ打点を上げてみて打てる幅を広げてみましょう

そこから今度は後ろに下がりながらショットの長さを出せるようにしていくと

上手くライジングが習得できるようになりますよ!

ぜひ練習メニューに加えてみてください


では





今までのテニス技術をグレードアップしたい方はこのDVDがオススメです

コアスイングテニス最短上達法
http://www.tennis-rise.com/


試合や大会に向けてどんなことをすれば良いかをまとめました

テニス大会優勝プログラム
http://www.win-tennis.info/






==============================================================
ツイッター  フェースブック 始めました!!

お気軽にフォローしてくださいね!


twitter http://twitter.com/@tennis_cozy
facebook http://www.facebook.com/tenniscozy
site :    http://www.tennis-rise.com 


==============================================================



私が開校,活動している 埼玉 川口 のテニススクールはこちら
テニススタジオ川口 略して「テニスタ 川口」

その「テニスタ 川口」フェースブックページが出来ました!

FBをやっている方は是非「いいね!」と1押しお願いします

facebook.com
検索「テニススタジオ川口」


テニススクール 校長の私が今まで教えてきて成果のある方法を教えます
テニス上達の最速方法
「コアスイングテニス最短上達プログラム」


| テニス ストローク上達法 | 19:54 | - | - | pookmark |
テニス上達 アドバイス 「コアの捻りで重要なポイント」
友人のダブルスパートナーが良い教材を出しました!
ゲームでの戦略を丁寧に教えています
私も見て「なるほど!」と関心することが
たくさんありました

男性ダブルスプレーヤーはもちろんですが
特に女性でダブルスの試合に出て
結果を出して行きたいと言う方におススメです






こんにちはいつもテニス上達のことを毎日16時間考えている
cozy河合です

今回は



「コアの捻りで重要なポイント」 

のご紹介をします


コアを使ってスイングをする時の股関節の重要性は前にご紹介したかと思いますが

股関節をしぼりこむ込むときに あなたはどんな意識で行えてますか?



少し沈み込むようにしたらうまくいくのかな? 

と思っているとか?



そうですね、、、


確かに膝が曲がるようになれば股関節の入りも良くなりますが

それだけでは不十分です




では


「コアの捻りで重要なポイントは何か?」テニス

を解説していきますね


でもその前に

このブログは現在何位!?ポチっと確認してしてください

にほんブログ村 テニスブログへ









確かに膝を曲げるようにすれば股関節が入りやすくなるのでオススメです

多くの人が意識をして

「膝を曲げて」

「上体を捻り」

「股関節を意識して」



体にタメを作ろうとしています

しかし最も重要なのは


捻った体勢の時に



重心が



外側に流れないように意識してみてください



折角タメたパワーを外に逃がしてしまうことになります


股関節をタメる時の膝の曲げで


そのときの膝の向きとつま先の向きが 

同じ方向を向くもしくは膝のほうが若干内側に入っているようにすると

よりパワーロスが少なく、戻しも簡単に出来ます





出来るだけ体の内側で回すことを

意識すると良い結果が出ます



ちょっと感覚的な表現になってしまいますが試してみてくださいね

では











===============================================

ツイッター  フェースブック 始めました!!

お気軽にフォローしてくださいね!


twitter http://twitter.com/@tennis_cozy#
facebook http://www.facebook.com/tenniscozy

================================================





みなさんの1ポチが明日の更新モチベーションになりますので
ぽちぽちお願いします

にほんブログ村 テニスブログへ








テニススクール 校長の私が今まで教えてきて成果のある方法を教えます
テニス上達の最速方法
「コアスイングテニス最短上達プログラム」




テニス上達 のコツまとめました











09c2

















| テニス ストローク上達法 | 14:01 | - | - | pookmark |
ストロークの回転運動
友人のダブルスパートナーが良い教材を出しました!
ゲームでの戦略を丁寧に教えています
私も見て「なるほど!」と関心することが
たくさんありました

男性ダブルスプレーヤーはもちろんですが
特に女性でダブルスの試合に出て
結果を出して行きたいと言う方におススメです





こんにちはいつもテニス上達のことを毎日16時間考えている
河合です

今回はストロークでしっかりと思いボールを打ち放つ為に
重要な体の使い方である

「回転運動」
にフォーカスしてお話しますね


でもその前に

このブログは現在何位!?ポチっと確認してしてください

にほんブログ村 テニスブログへ








テニスでストロークをする機会はシングルスではかなりの頻度で
打っているかと思います

そして、そのストロークの威力が試合で相手にダメージを与えるだけの
精度とパワーを持っているかはかなり重要な要素だというのは
皆さんも認識してるかと思います

いくら安定感があっても相手に先に押し込まれてしまえば
バランスを崩されミス、または一発でエースになるショットを打たれる
ことがあるかと思います

安定感とパワーを両方求めることが
今のテニスでは重要で、ミスをしなければ勝てるとは
言えなくなっているのです

そこでパワーを引きだしながら
スピンを掛けてボールをコートに収める技術が必要になるのです




そこで必要なのが
体の使い方である

「回転運動」
これを正しく行うことでショットのパワーとコントロールを
倍増させることが出来るのです



ポイントは

「股関節を使う」

「膝が割れない」

「足裏の荷重に意識を置く」


この3つのポイントを抑えることで
パワーアップをしながら、バランスも良くなってくるのです

1つ目の


「股関節を使う」

と言うのは実際多くのプレーヤーを見てきての印象ですが

多くの方は上体は捻ることが意識がついているのですが
股関節の捻りまで行かない方が多く見受けられます

ボディーターンをする場合にウエストが捻られて
そこからもうひと捻りを股関節を 「クッ」っと入れることで
さらにパワーアップが図れるようになります


ウエストと股関節の捻りを連動することで
今までに感じられなかったショットの伸びと
楽に飛んでくれる気持ちよさを体感できると思います


2、3についてはまた後日にしますね


では


===============================================

ツイッター  フェースブック 始めました!!

お気軽にフォローしてくださいね!


twitter http://twitter.com/@tennis_cozy#
facebook http://www.facebook.com/tenniscozy

================================================




みなさんの1ポチが明日の更新モチベーションになりますので
ぽちぽちお願いします

にほんブログ村 テニスブログへ








テニススクール 校長の私が今まで教えてきて成果のある方法を教えます
テニス上達の最速方法
「コアスイングテニス最短上達プログラム」




テニス上達 のコツまとめました






| テニス ストローク上達法 | 09:34 | - | - | pookmark |
テニス ストロークでのバウンドの変化に強くなる方法



スマッシュが決まらない人必見!
コアの使い方でスマッシュが明日から得意ショットになる
「コアスイング スマッシュ」 
劇早上達無料レポートプレゼント!

ご登録はこちら






こんにちはcozyです

みなさんテニスされてますか?

被害にあわれた方には
大変つらくテニスどころでは無いかと思いますが
必ず復興出来ると信じています


私はこれから試合シーズンで
4月早々に大会と実業団の試合があり
現在トレーニングを頑張っております

しかしこの震災の影響で、体は大丈夫でしたが
いろいろなことがあり

(ガソリンスタンドへ並ぶ、水や食料の確保等..)

今一つ計画的に出来なかったことが多いのも仕方ないかと思っています

さて、今回は


「ストロークでのバウンドの変化に強くなる方法」
についてお話していきます


でもその前に

このブログは現在何位!?ポチっと確認してしてください

にほんブログ村 テニスブログへ













テニスのストロークは当たり前ですが
バウンドしたボールを打つショットですね

そのバウンドがいろんな環境によって変化することが
テニスの面白さのひとつになっているかと思いますが

その変化に対応してなおかつ相手に打ちにくいショットを
打てるようにすることが試合では大切な要素になってきます

そこで、まずはそのバウンドについて考えます

まずボールの変化への対応についてですが
良く皆さんがミスする原因としての



1.球種の予測

2.バウンドの予測

3.バウンドからヒットまでのボールの見方



が出来ているかを確認してください


1.の球種の予測
ですが相手の打ち方によって
どのような軌道でどこら辺に落ちるかを予測しましょう

これは、試合会場で相手の情報を入手するうえで大切な要素です

対戦相手だけでなくてもいろんな人の球筋を見て
予測するクセをつけてください



2.のバウンドの予測

ですが、
これは1.の球種の予測に伴うバウンドが
どのようになるかまでが
ある程度認識できるようにしてみましょう



球筋が予測できて、
バウンドがどう弾むか、これをいろんな人の打ち方をみて、

どうスイングするとその球筋になるのかが分かってくると
バウンドに余裕を持って対応していけます


3.バウンドからヒットまでのボールの見方


1.2.が出来るようになっても、完全に当たるわけではありません
なのでバウンドからの球筋を見る練習をしてください

例えば、ラリーをいつもより50cmぐらい下がってラリーをつづけるのと
バウンドからボールを自分が打てるギリギリまで呼込み、
後ろで打つ練習をしてみてください

フレームショットが多いというときに
下のフレームに当たって、引っかかっている場合は

スイングのタイミングが早すぎる
(あせって、待ちきれていない)ということですので、
どちらのフレームショットが
多いか確認してください


このような考え方と
練習をすることによって相手のストロークに素早く対応出来て
ミスヒットが少なくなって行くものと思いますので
頑張ってコートで気をつけて練習に励んでくださいね!



ではでは今日はこの辺で






みなさんの1ポチが明日の更新モチベーションになりますので
ぽちぽちお願いします

にほんブログ村 テニスブログへ








テニススクール 校長の私が今まで教えてきて成果のある方法を教えます
テニス上達の最速方法
「コアスイングテニス最短上達プログラム」




テニス上達 のコツまとめました










7c51


| テニス ストローク上達法 | 11:43 | - | - | pookmark |
| 1/1PAGES |